プレ研ファイナル企画 プレ研メモリーズ② 高騰化したレトロゲームとその傾向を考える DSバブル編  タクティカルギルド タクティクスレイヤー 高騰化の傾向を探る

スポンサーリンク

サクセスの2タイトル タクティカルギルド&タクティクスレイヤーが揃って爆上げ

タクティカルギルド(左) タクティクスレイヤー(右)


DSバブルを象徴する2本
一時は5万円を超えるほど高額になった
当サイトの記録によるとピークは5万越えとなっていた ※現在は 共に15,000円 (税込)前後

きっかけはyoutube動画

俺がオマエを守る」は、超有名ゲームコレクターのyoutube動画を皮切りに爆発
続編の 『ダテにガメついわけじゃねえ』も連動して高騰した

DSバブルはマイナーゲームがなんでも祭りで上がったバブルだったが
総計して考えるとある一定の法則が存在していた
今回をそれを取り上げたい

ゲームソフトの発売メーカーに注目

ゲームコレクターは、ゲームメーカーが発売したソフトを全部揃えたい傾向にある
メーカーが発売したソフトの中でも、特に入手が難しいソフトがあれば、欲しい人が増え、高騰する傾向にある

DSバブルはゲームメーカーごとに考察する

SNKプレイモア

SNKプレイモアがDSで発売したタイトルは全10本のみとなっている
SNKと言えば対戦格闘ゲームやアクションゲームが定番だが
アクションゲームは、「メタルスラッグ7」の1本しか発売されていない


レトロゲームコレクターにとっての骨董品「ネオジオ」が人気のメーカーなだけあり
ツキビト」「キミの勇者」などSNKプレイモアの中でも特に目立たなかったタイトルが高騰した

タイトー

レミア化の鉄板メーカー タイトー作品 ※タイトー作品は高騰しやすい
元々高額だった弾爵やバブルボブルDSなどは高額安定


クイズきらめきスターロード
虫っ
レインボーアイランド
ニュージーランドストーリー
まわしてコロン


あまり有名でなかった作品が一気に高騰した
バブル期ほどではないが、現在も高額水準を維持している

タイトー作品は全体的に流通量が少ない

サクセス

DSバブルを象徴する ゲーム会社  サクセス
サクセスの作品は特に人気があり、何でも高騰した


イヅナ
タクティクスレイヤー
タクティカルギルド
ウィンディ×ウィンダム


max師匠が大好きなイヅナ シリーズも、DSバブルをきっかけに高騰し 超有名になった

タクティクスレイヤー&タクティカルギルドは一時はかなり入手困難となっていたが、意外と流通量が多かったのと
DSバブルはゲームコレクターだけではなく、話題性で買った人も多かったようで、利確に押された形となり暴落した
それでも15000円前後を維持しているので、高い水準を維持していると言える

※サクセスと言えば、シューティングゲーム「コットン」があげられる

コットンシリーズは全作品を通してプレミアソフトとなっている
シューティング×魔法少女は人気コンテンツだ

最近は、海腹川背さん(※スタジオ最前線 開発)もサクセスからの発売となっており
ットンと共演する機会が増えている

当サイト的には 海腹川背さんを押したい
ムチムチで良い感じだ

スターフィッシュ


DSバブルでサクセス並に祭りになったゲームメーカー


ゲームコレクターが注目していなかったこともあり、買い集める人が急増し、超高騰した
デビリッシュ」や「くるくるカメレオン」は最高で2万円近い価格まで上昇していた

しかしゲーム性の低さや意外と出荷数は多かったようで
売りに押されて暴落した、
他のメーカーに比べて暴落率が高く、高水準を維持しているソフトは少ない

グローバルA(GAE)

グローバルAも dSバブルの煽りで、一時は高騰していた
ちょっと変わった作品が多く、ゲームコレクターには人気だった

しかしマニアック過ぎるのか、DSバブル終了で、ほとんど買いが入らなくなったようで
DSバブル前の水準一歩手前に近いところまで下落している※厳密にいうとバブル前よりはちょっとだけ高い

2000~3000円以内で買えるソフトがほとんどとなっている

ジャレコ

ジャレコは、DSだとこの3本しか発売していない

人気の「スーチーパイ」と「てんほー牌娘」など DSでは数少ないギャル麻雀を発売している


ジャレコも一時は、かなり高騰した
ぷちぷちウイルスは一時プレミア価格だったが、現在は3000円前後で落ち着いている
スーチーパイやてんほー共に3000円台まで下落している

ギャル麻雀系は、年々値上がり傾向にあるので
スーチパイ」と「てんほー牌娘」は、欲しかった人は、そろそろ押さえても良い価格帯かもしれない

シンプルシリーズ(D3)

ガングラウンド」は超有名ゲームコレクターの紹介動画をきっかけとして、一時は2万円近くまで高騰したが
現在は6000円代で価格が落ち着いている

ガングランド」の高騰でシンプルシリーズに火が着き
「ギャル麻雀」と「カスタム戦車」も大きく高騰した

現在DSのシンプルシリーズで、一番高額なプレミアソフトとなっているのは「ギャル麻雀」であり
8000円前後を維持している

今も高額となっているDSソフトは???

今も高額になっていタイトルをざっと調べてみた

①「コロぱた」&「くまたんち」&「ルプさらだDS」 は元々高額だったがさらに高額へ

②「海辺でリーチ」&「きもカワE」 DSバブルで超高額になり、一時よりは落ち着いたものの、まだ高額を維持


③「お姫さまデビュー」は シューティングメーカーのケイブ発売なので、コレクターに人気があり現在も高額を維持している

④「リーズのアトリエ(バグ修正版)」&「世界樹の迷宮Ⅱ ベスト版(バグ修正版)」 共に高額を維持

⑤「女子高生逃げる」「クイズの旅」「地獄少女」「プリンセスメーカー」などは、いまだに高額を維持している


パッケージが女の子である作品」は総じて高額を維持orさらなる値上がりをしている という結果になった

DSバブルから学べるレトロゲーム高騰のポイントは、
パッケージが女の子である事
バグ修正版は大きな値崩れしない
ゲーム内容の評価が高いと中古相場の底が堅くなる

発売するゲームメーカーに注目
⑤購入のメイン層は、男性であるという事だから女の子のパッケージが人気
高騰したゲームのシリーズ作品にも注目関連ソフトは高騰する可能性大

この点に注目したい

ゲーム性の評価が低い&不人気メーカーほど、暴落幅が大きくなっているも注意したいポイントだ

次回こそ、PS2編をお送りします



スポンサーリンク